ブライダルリング 鑑定書と鑑別書の違い|エンゲージリング マリッジリング/保証書

< 鑑定書と鑑別書の違い>

鑑定書
ご購入されたエンゲージダイヤリングには、鑑定書がつきます。

鑑定書

鑑定書の正式名称はグレーディング・レポートと言います。
グレーディング・レポートはダイヤモンドの品質を評価した証書です。
「4c」と言われる カラット、カラー、クラリティー、カットの4項目について評価し、 品質を保証するものです。
世界で最も信頼される鑑定書の発行機関は、アメリカの G.I.A (Gemological Institute of America) ですが、G.I.A が評価基準である、4cを確立しました。
4cについてはこちらをご覧ください。
このような国際基準がないカラーストーンには鑑定書と言うものが存在しません。
ジュエリーたにがわ の鑑定書の発行鑑別機関は、おもに「中央宝石研究所」です。

鑑別書

鑑別書は宝石が天然であるかどうかを記したものです。
天然石、処理石、模造石、合成石のいずれに属するものかを鑑別し、
カラット、カラー、クラリティーの3項目について記載されています。

保証書

保証書は販売店が発行するものです。
品質を保証するもので、クリーニングなどのメンテナンス時に必要になります。
こちらも大切にご保管ください。


鑑定書、鑑別書共に、付いていること自体に価値があるわけではありません。
評価されたその内容が大切です。
また、これらは品質を証明するものであり、価格を保証するものではありません。
エンゲージリングのアレンジ ウエディングリングのオーダーメイド
予約特典 ご購入いただいたカップル 展示会のお知らせ 悼環とわ peach_puff

facebook